プリエール宮崎組合員ならびに地域の皆様方へ

24時間365日迅速に対応いたします。

0120-930-170

0985-85-4949

  • ホーム > ご葬儀後の手引き > 葬儀後の供養
  • ご葬儀後の手引き

    葬儀後の供養

    葬儀後は「忌中(霊祭)」といわれる期間を過ごしますが、
    その間やその後にわたり、さまざまな法要で故人を供養します。
    ※地域や宗教によって内容が多少異なります。

    仏式の場合
    • 忌中と喪中

      「忌中」とは四十九日の忌明けまでの期間、「喪中」は一周忌までの期間のことをいい、この間遺族は慶事・祭礼などへの出席を控えます。

      中陰供養と忌明け(四十九日)

      仏事の法事には「中陰供養」と「年忌法要」などがあります。
      「中陰」は故人の来世が決まるまでの期間のことで、亡くなった日から数え四十九日目まで。
      その最初の7日目が「初七日」で、その後7日ごとに供養を行ない、最後の「七七日(なななのか)」が四十九日、つまり「忌明け」となります。
      中陰供養のなかでも四十九日は特に大切とされ、忌明け法要を行なうのが一般的です。

    • 初盆

      お盆には先祖の霊が戻ってくるといわれ、人が亡くなって初めてのお盆を初盆といい、一般には7月(新)か8月(旧盆)の7日〜16日までの10日間をいいます。
      7日に故人が迷わず帰って来られるように、軒先や仏壇のそばに提灯を飾り、夕方に迎え火を焚き、提灯に明かりを入れます。
      その後、16日の夕方に送り火を焚き故人を見送ります。
      忌明け前にお盆を迎える場合は、翌年を初盆とします。

    • 五十回忌までの流れ(仏式の場合)

      • 葬儀
      • 初七日
      • 二七日
      • 三七日
      • 四七日
      • 五七日
      • 六七日
      • (四十九日・七七日)忌明け法要
      • 百か日法要
      • 一周忌法要
      • (満二年)三回忌
      • (満六年)七回忌
      • (満十二年)十三回忌
      • (満十六年)十七回忌
      • (満二十六年)二十七回忌
      • (満三十二年)三十三回忌
      • (満四十九年)五十回忌
    神式の場合
    • 十日祭

      神式では仏式の法要にあたるものを霊祭と呼び、十日目ごとに祭儀を行います。最初の「十日祭」が仏式でいう初七日にあたるといえます。

    • 五十日祭と忌明け(清祓の儀)

      故人が亡くなって50日目にあたる「五十日祭」が仏式の四十九日にあたり、たいへん重視されます。
      神職を招いて霊前か斎場、または自宅で祭儀を行ない、式後は食事を出して(直会の儀)参会者をもてなします。
      そしてこの五十日祭では「清祓の儀」を行ない、忌明けの祓いと清めをして神棚の白紙をとり、封じを解いて忌明けとなります。

    • 式年祭と一年祭

      仏式の年忌法要にあたる儀式を「式年祭」といい、故人が亡くなって1年目の祥月命日を「一年祭」といいます。
      仏式の一周忌同様、参会者を招いて祭儀を執り行ないます。
      式年祭は三年、五年、十年と続き、その後10年目ごとに五十年祭まで続きます。

    • 五十年祭までの流れ(神式の場合)

      • 葬儀
      • 十日祭
      • 二十日祭
      • 三十日祭
      • 四十日祭
      • (忌明け)五十日祭
      • 百日祭
      • 一年祭
      • 三年祭
      • 五年祭
      • 十年祭
      • 二十年祭
      • 三十年祭
      • 四十年祭
      • 五十年祭

    文字サイズ

    葬儀費用自動見積り
    シミュレーション